産連研 - ポスト・ドクターの斡旋

 産学連携の究極の目的の一つは、会員企業に高度な科学技術能力を定着させることです。
 科学機器業界でも、中小規模企業では社内に高度技術人材が不足している場合が多く、特に先端科学技術分野への挑戦は不可能ですし、産学連携に漕ぎつけても大学等の指導に依存するのみで一過性の連携活動に終わり、技術能力定着が図れません。
 そこで、産学連携の過程から外部の専門家としてポスト・ドクターを一定期間招聘し、先進的な連携活動を目指すとともに社内に専門的高度技術能力を定着させることを狙って、ボスト・ドクター又はそれに準ずる専門人材を会員企業に斡旋するのがこの事業の趣旨です。
 会員、ボスト・ドクター人材のいずれかから申し込みがあった場合、既に実績を有する且Y学共同システム研究所(社長:工学博士・白井達郎氏,本会特別会員)に引き継ぎます。
 同社は専門分野、業務範囲、契約期間、報酬その他の雇用条件を双方に提示し、仲介して雇用関係を取りまとめます。(手数料実費がかかります。)
 会員がこの斡旋で求人しようとするときは、事務局 ntb@sia-tokyo.gr.jp までご連絡ください。申し込み用紙をお送りします。
 求人情報は、原則として公開せず、且Y学共同システム研究所に処理を一任します。
 現在既に登録されているボスト・ドクター人材は http://www.sangaku-k.com の一覧表でご覧いただけます。
E-mail : ntb@sia-tokyo.gr.jp
FAX : 03−3668−0324
担当 : 一般社団法人 日本科学機器協会  建部